海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

カバーレーターのサイン

   

渡欧して4年、このブログでもたびたび「日本人であることに限られない」キャリアを主張してきました。
日系企業の駐在だったり、日本マーケットの担当などではなく、日本人であることをなるべく生かさないキャリアを歩みたいと思ってきました。僕はどちらかというと意識高くない系なのですが、それでも、ここだけは譲れないポイントでした。

海外での9年間、IMDでの8か月間、色々思うことはありました。
ただ、今は、日本人であることをアセットであると感じています。学歴と同じくらいのアセットだと感じています。
そして、このアセットをどのようにしてポストMBAキャリアで使っていくか、考えています。

完全にステレオタイプの世界なのですが、例えば、アメリカ人と日本人がひとりづついて、ヨーロッパ内でイノベーション担当とカイゼン担当をアサインしないといけない場合、アメリカ人にカイゼンやらせるよりも、アメリカ人にイノベーションやらせたほうが、また、日本人にカイゼンさせた方が、ヨーロッパ人からの見方が変わってくるであろうと。これは、むしろステレオタイプの域を超えて、日本のカントリーブランドであり、これを味方につけない手はないのではないかと。

そんなことを思いながら、ヨーロッパに残るべくカバーレターを書いています。今までずっと署名は英語で書いていましたが、最近はずっと日本語でサインしています。なぜなら、漢字の署名をポジティブと捉えるマネージャーなら次につながる可能性があがるし、特に気にしない人なら、署名を英語で書いたとしても、国籍で落とされるだろうから。

日本人であることをアセットとして、カントリーブランドを味方につけて。
Discovery Tripで日本・中国にいった30人のクラスメイトからお土産話を聞いて、仮説が確信に変わりました。

 - MBA, 海外転職, IMDライフ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スイス永住権をとる

スイス滞在丸5年経過しました。 スイス5年というと永住権が取れる取れないの噂を耳 …

no image
海外転職に役立った本

飽くまで私見の話です。先にも述べたが、社会人になって4年間勤めたこの会社からの転 …

INSEADとIMDどちらを選ぶか2

  「人の話は最後まで聞け」というマナーは、世界の非常識だった http://g …

no image
ヨーロッパの日本、アジアのドイツ

海外転職の成功の理由のひとつに、その人の現地の文化への適応性、文化の違いに対する …

no image
海外転職の実体験

そもそもこの「海外転職」という言葉自体をなんとかしたい。 「グローバル人材」も如 …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(3)

以前のエントリーで書いたスイスのビザをどうするかの続き。 僕の持っているスイス滞 …

今年もRolex MBAレガッタ

去年はIMDの本家の日本語ブログに書きましたロレックススポンサーのMBAレガッタ …

プル型ドイツの働き方

前回のエントリーで、職場でダイバーシティを推進するためには、「違うことを認識」す …

no image
海外転職に必要な英語力1/2 (仕事編)

グローバル人材と言う言葉をメディアで見かけるようになったと同時に、英語を社内公用 …

no image
なぜ辞めた

ちょうど2011年の夏頃、「退職しました。」ブログをまとめたサイトを読んで目から …