海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

カバーレーターのサイン

   

渡欧して4年、このブログでもたびたび「日本人であることに限られない」キャリアを主張してきました。
日系企業の駐在だったり、日本マーケットの担当などではなく、日本人であることをなるべく生かさないキャリアを歩みたいと思ってきました。僕はどちらかというと意識高くない系なのですが、それでも、ここだけは譲れないポイントでした。

海外での9年間、IMDでの8か月間、色々思うことはありました。
ただ、今は、日本人であることをアセットであると感じています。学歴と同じくらいのアセットだと感じています。
そして、このアセットをどのようにしてポストMBAキャリアで使っていくか、考えています。

完全にステレオタイプの世界なのですが、例えば、アメリカ人と日本人がひとりづついて、ヨーロッパ内でイノベーション担当とカイゼン担当をアサインしないといけない場合、アメリカ人にカイゼンやらせるよりも、アメリカ人にイノベーションやらせたほうが、また、日本人にカイゼンさせた方が、ヨーロッパ人からの見方が変わってくるであろうと。これは、むしろステレオタイプの域を超えて、日本のカントリーブランドであり、これを味方につけない手はないのではないかと。

そんなことを思いながら、ヨーロッパに残るべくカバーレターを書いています。今までずっと署名は英語で書いていましたが、最近はずっと日本語でサインしています。なぜなら、漢字の署名をポジティブと捉えるマネージャーなら次につながる可能性があがるし、特に気にしない人なら、署名を英語で書いたとしても、国籍で落とされるだろうから。

日本人であることをアセットとして、カントリーブランドを味方につけて。
Discovery Tripで日本・中国にいった30人のクラスメイトからお土産話を聞いて、仮説が確信に変わりました。

 - MBA, 海外転職, IMDライフ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「サヨナラニッポン 若者たちが消えてゆく国」

どこかのブログかニュースで紹介されていた番組が気になったので、休暇先へ向かう飛行 …

スイスのアウトレット(Mammut/Zimmerli/Odlo)

アメリカ・ドイツに住んでいた時も、住んでる以上なるべく地のものを買いたいと思って …

no image
ヨーロッパの日本、アジアのドイツ

海外転職の成功の理由のひとつに、その人の現地の文化への適応性、文化の違いに対する …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(1)

ポストMBAもスイスに残る場合を想定して、労働Bを保持する方法を相変わらず模索し …

no image
海外転職におけるLinkedinとXingのすすめ

海外転職において、アクティブにネットでリサーチしたり、現地に足を運んだりするのも …

IMDライフの始まり

2015年からIMDに通い始めるにあたって、2014年末に「海外転職のその後」と …

海外転職からの転勤 スイスと家とSchufaとアメックス

自分のプロジェクトよりも何よりも1月から引っ越すスイスの家探しがプレッシャーであ …

no image
海外転職の日常(スイスでの話)

2週間ちょいの休暇を取っていた。地の利を活かしてがっつり旅行出来たのは初めてだ。 …

no image
海外転職 リクルーターからの電話1/2

今日の午後の出来事。 突然デスクの電話が鳴り響く。 突然以外に鳴ることはめったに …

no image
海外転職 ドイツでの休暇の取り方

2週間休暇を取っていた。 一応暗黙のルールとして、試用期間である最初の6ヶ月は長 …