海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(1)

      2014/09/25

ポストMBAもスイスに残る場合を想定して、労働Bを保持する方法を相変わらず模索している。いつかまとめを書くとして、とりあえず最も安全で手っ取り早そうなのは、どうやら休職申請をすることっぽい。休職であれば労働Bは会社スポンサーのまま維持でき、労働BでIMDに参加出来るとの情報であった。

いつかのタイミングで会社には来年からMBA行きたいことを伝えないといけないわけで、、、かつ、会社の新しいオーナーからの指示でリストラも加速しそうなので、予定よりは少し早いがちょっとずつMBAプロジェクトを公にしだしたところだ。

今のところMBAについて知ってるのは、同僚のヨルダン人・ドイツ人、推薦状を書いてくれたドイツ人の上司。受かったことはヨルダン人にしか伝えてないが、次に抑えておきたいのは、MBAではないがIMDのエグゼクティブプログラム取ったアルムナイであるスイス人の大ボス。

どのタイミングで持ち出すかなーと、悩んだ挙げ句、とりあえず大ボスの秘書(オーストリア人)を取り込むことに。「ちょっと個人的なお願いがあるんだけど・・・」と切り出すと若干びびってたが、最終的には無事こちら側につけることが出来た。で、大ボスの機嫌の良い時間を聞き出し、アポを入れることに。。

大ボスとのミーティングでは、こちらもまた切り出し方に迷ったが、しれーっとIMDの話題を出して、本題に。IMDのアルムナイであることも手伝ってか、彼としてはMBA期間中の無給休みをサポートしてくれるとコミットしてくれた。

HR的に何がどうなるのかはまだ分からないが、とりあえず大御所抑えられたので一安心。

つづく

 - MBA受験, 海外転職, スイスの日常, 転籍, 家探し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
駐在妻とダイバーシティマネジメント

最近ルンバを飼いだした。 半年前から飼うと嫁に約束していたのだが、ついに来た。な …

今年もRolex MBAレガッタ

去年はIMDの本家の日本語ブログに書きましたロレックススポンサーのMBAレガッタ …

スイスで退職する者の定め

スイス・ドイツでは、誕生日の人が自分で誕生日ケーキを焼いてもってくる習慣があるの …

no image
スイス家探しとドイツ語と大きくなってからの第3言語

前回のエントリーから引き続き、スイスの家探しについて。 家探しと、いうか、ドイツ …

no image
海外転職 果たしてこの転職は成功だったのか

なんてタイトルに反して、今回の前職と現職を比較して議論をする気はない。一番最初の …

ドイツ人に日本人との接し方を教える?(1)

IMDのエッセイのネタでもあったが、僕の最近のスタンスはこう。 僕がドイツ&スイ …

MBA前最終出社と欧州新生活いつから始めるのがベスト?

スイスで支給される謎の13月の給料もきっちりと貰い、ボーナスの面接も終え、無事に …

no image
初回GMAT受験

第一回のGMATを受験してきた。さすがにこれ以上GMATの準備をするのが嫌だった …

INSEADとIMDどちらを選ぶか2

  「人の話は最後まで聞け」というマナーは、世界の非常識だった http://g …

海外転職組が集まる世界の最高峰(A)

1か月が経ちました。 予想していたよりもしんどくて、予想してたよりもしんどくない …