海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(1)

      2014/09/25

ポストMBAもスイスに残る場合を想定して、労働Bを保持する方法を相変わらず模索している。いつかまとめを書くとして、とりあえず最も安全で手っ取り早そうなのは、どうやら休職申請をすることっぽい。休職であれば労働Bは会社スポンサーのまま維持でき、労働BでIMDに参加出来るとの情報であった。

いつかのタイミングで会社には来年からMBA行きたいことを伝えないといけないわけで、、、かつ、会社の新しいオーナーからの指示でリストラも加速しそうなので、予定よりは少し早いがちょっとずつMBAプロジェクトを公にしだしたところだ。

今のところMBAについて知ってるのは、同僚のヨルダン人・ドイツ人、推薦状を書いてくれたドイツ人の上司。受かったことはヨルダン人にしか伝えてないが、次に抑えておきたいのは、MBAではないがIMDのエグゼクティブプログラム取ったアルムナイであるスイス人の大ボス。

どのタイミングで持ち出すかなーと、悩んだ挙げ句、とりあえず大ボスの秘書(オーストリア人)を取り込むことに。「ちょっと個人的なお願いがあるんだけど・・・」と切り出すと若干びびってたが、最終的には無事こちら側につけることが出来た。で、大ボスの機嫌の良い時間を聞き出し、アポを入れることに。。

大ボスとのミーティングでは、こちらもまた切り出し方に迷ったが、しれーっとIMDの話題を出して、本題に。IMDのアルムナイであることも手伝ってか、彼としてはMBA期間中の無給休みをサポートしてくれるとコミットしてくれた。

HR的に何がどうなるのかはまだ分からないが、とりあえず大御所抑えられたので一安心。

つづく

 - MBA受験, 海外転職, スイスの日常, 転籍, 家探し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

GMAT 独学のすゝめ

前回書いたディブリーフの内容(こちらや、こちら)をふまえ、僕が1年前にさかのぼっ …

IMD合格(3) 推薦状と危機

推薦状については、出願の3ヶ月ほどの2013年10月末から依頼を始めた。ちょうど …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(2)

2015年からMBAに行くことついて社内でオフィシャルに通達しました。 上司にM …

no image
なぜ辞めた

ちょうど2011年の夏頃、「退職しました。」ブログをまとめたサイトを読んで目から …

no image
海外転職に必要な英語力1/2 (仕事編)

グローバル人材と言う言葉をメディアで見かけるようになったと同時に、英語を社内公用 …

INSEADとIMDどちらを選ぶか2

  「人の話は最後まで聞け」というマナーは、世界の非常識だった http://g …

no image
メイドインジャパンとパリ出張

日本のテレビを見るためにWavecastを年末年始にかけて導入した。4万円の投資 …

IMDキャンパスビジットは突然に

半ば思いつきに近いですが、地の利を生かして日帰りIMDに行ってきました。今日はク …

行ってよかったヨーロッパの旅ランキング2014

これまでこのブログでは、敢えて「ヨーロッパの楽しい部分」には触れないようにしてき …

no image
一時帰国と生まれ育った国の素晴らしさ

3週間休みを取って、日本に帰っていた。UAEを経由し、実家には立寄もせず、東京・ …