海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職組が集まる世界の最高峰(A)

   

1か月が経ちました。
予想していたよりもしんどくて、予想してたよりもしんどくないペースで1か月が経ちました。
昨年末までは毎日17時には退社していたので、そのギャップ的には非常にしんどいですが、睡眠時間は確保しています。

1か月も経つと、90人中88人くらいは、考えずに呼べるレベルに名前を覚えられてきました。
1か月も経つと、そして徐々に化けの皮が剥がれてきて、グループ内での喧嘩報告もよく聞くようになりました。
1か月も経つと、さらに国籍と最後に住んでた国のがだいたい覚えられるようになってきました。

欧米のトップ校のMBAとなると、トップエリートが集うのはハーバード、スタンフォード、コロンビア、LBS、INSEADも変わりないのですが、
IMDについて言えば、トップ校の中でも国籍と最終勤務国が違う割合が圧倒的に多い。言うなれば、”海外”転職組が集まる世界最高峰のビジネススクールです。

ダイバーシティに関して言えば、お隣INSEADもダイバースな人をいろんな国から集めているのは間違いがないのですが、長期間海外勤務経験がある人、国籍と最終勤務国が違う人の率高さで言えばIMDです。IMDは単純に90人しかいないので、海外長期滞在経験のある人の中からさらに海外勤務経験のある人を選べるのが理由でしょう。まだオフィシャルなクラスプロファイルが出ていませんが、今年のIMD MBAの日本人もなんと50%(!!)が海外から横滑りでローザンヌに来ています。この数で言えば、どこのトップ校にも叶わないでしょう。もちろん、今年の日本人も海外長期滞在・勤務経験がある割合は100%。

海外に出ることが目的ではなく、すでに海外で苦労したことある人がそこからさらに前に進もうとする、そんな場なのだな、と。
平均年齢30歳のおっさんの集まりというだけではなく、IMDがMatureと言われる理由がそれもあり、IMDのAlumniが世界に通用する訳がそれであろうと思います。

海外転職された方、次のステップアップルート、エグジットルートとしてIMD MBAはおすすめです、今のところ。

(海外=外国)

 - MBA, 海外転職, スイスの日常, IMDライフ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

MBAの価値

かれこれ10年前くらいに書いていた昔のブログに “Like diss …

no image
海外転職 ドイツでの休暇の取り方

2週間休暇を取っていた。 一応暗黙のルールとして、試用期間である最初の6ヶ月は長 …

ドイツ人に日本人との接し方を教える?(1)

IMDのエッセイのネタでもあったが、僕の最近のスタンスはこう。 僕がドイツ&スイ …

一時帰国で買う物(1) Vaimo11

海外在住の長い短い問わず、一時帰国というのは特別なものがある。 基本ポリシーとし …

スイスで退職する者の定め

スイス・ドイツでは、誕生日の人が自分で誕生日ケーキを焼いてもってくる習慣があるの …

スイスの家探し102

IMDのあるローザンヌと僕のいる町は3時間近く離れているため、血眼になってドイツ …

2週間と感じる3日

まさか授業初日に「ドロップアウトしようか」と真剣に悩むなんて想像してませんでした …

ドイツ人に日本人との接し方を教える?(2)

以前のエントリー、色々とご意見いただき、ありがとうございました。 日本からゲスト …

no image
スイス引っ越し 陸続きの素晴らしさとポケットWIFI

無事にスイスに来ました。前回のエントリーから日が空きましたが、やはり引っ越しは労 …

no image
初めての部下 最初の100日の所感

5月からひとり部下を持つことになったのは、かなり前のエントリーで書いた。 あれか …