海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

一時帰国と生まれ育った国の素晴らしさ

      2014/09/14

3週間休みを取って、日本に帰っていた。UAEを経由し、実家には立寄もせず、東京・名古屋・大阪・上海・香港・石垣島を点々としていた。ただ、忙しかった割にいつになくのんびりなく出来た。日本に帰る時間があるならば、ヨーロッパをもっと旅行したいと国では言っているが、今回は、本当に良い休暇だった。

海外にちょっと住んで日本に一時帰国した時、誰しも

「日本はなんて素晴らしい国なんだ」

と思うことであろう。
新幹線は20分に1本、公共交通機関は秒単位で定時、ビジネスホテルは清潔なのに安い、宅急便は翌日に時間指定で届き、製品やサービスに不満があれば殿様のような扱いでの対応、コンビニはおろかデパートやスーパーは土日も営業しており、晴れの日も多く、トイレの便座は暖かく、食事はどこで食べても美味しい、水もお茶も飲み放題だ。

実際僕も、日本の居心地の良さに骨抜きにされ、こんな快適な環境に住む権利がいつでも備わっているのに、敢えて海外で働いている自分は本当はいったい何がしたいのか、考えたほどだ。

ヨーロッパと比べ、日本にも良いところ悪いところはある。
ただ、日本をベタ褒めすることなんて、1週間初めて海外旅行に行った人でも出来る。
日本の批判は、日本が嫌になって海外に移住した人に任せれば良い。

結果的に、今回の一時帰国で改めて気付いたのは、

「日本が素晴らしい」

わけではなく、やはり

「生まれ育ったその国が素晴らしい」

のではないかと言うことだ。
それは、定年し会社に縛られなくなった人が、生まれ故郷に帰ることと似ている。日本に赴任しているスイス人が、スイスに帰ってやっぱりスイスは素晴らしいと感じるそれだ。
先進国に住んでいる人にとっては、当たり前のことかもしれない。

そして何より、日本の素晴らしいさの多くは、日本語を理解できないと手の届かないゾーンにあることが多いのではないかと不安に思う。僕の帰った日本は、日本語が出来ないとつくづく不便な国だ。それにも関わらず、僕のメンターである東欧人の元上司は、日本に居たいから今でも日本にいると言っていた。そんな変わった上司以外にも伝わるよう、2020年にはオリンピックがあると聞くが、それまでに少しでもその点開国すればと願う。

特に結論のあるエントリーではないが、働くこととは別で、生まれ育った国が素晴らしいのを前提に、批判することなくその国の良さを学ぶことが、僕が海外に「住む」理由だろうと、改めて感じた。

3週間の休暇も終わり、休暇明け初日からドイツ出張だ。いつになるか分からないが次回の一時帰国まで、また少しでも成長出来ればと思う。

 - 海外転職, スイスの日常, 転籍, 一時帰国

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

上司より先に退社できないのはドイツ人もまた然り

ホワイトカラーエグゼンプションの関係か、日本人の「上司より先に帰られない」症候群 …

海外転職からの転勤 スイスと家とSchufaとアメックス

自分のプロジェクトよりも何よりも1月から引っ越すスイスの家探しがプレッシャーであ …

no image
初めての部下 最初の100日の所感

5月からひとり部下を持つことになったのは、かなり前のエントリーで書いた。 あれか …

no image
なぜ辞めた

ちょうど2011年の夏頃、「退職しました。」ブログをまとめたサイトを読んで目から …

no image
海外転職の日常(スイスでの話)

2週間ちょいの休暇を取っていた。地の利を活かしてがっつり旅行出来たのは初めてだ。 …

海外転職 仕事の行き詰まり

ドイツに来てから僕がリードしていたメインプロジェクトが、先日予想だにしないエラー …

MBAの価値

かれこれ10年前くらいに書いていた昔のブログに “Like diss …

no image
駐在妻とダイバーシティマネジメント

最近ルンバを飼いだした。 半年前から飼うと嫁に約束していたのだが、ついに来た。な …

MBA前最終出社と欧州新生活いつから始めるのがベスト?

スイスで支給される謎の13月の給料もきっちりと貰い、ボーナスの面接も終え、無事に …

no image
海外転職 果たしてこの転職は成功だったのか

なんてタイトルに反して、今回の前職と現職を比較して議論をする気はない。一番最初の …