海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(2)

      2014/09/25

2015年からMBAに行くことついて社内でオフィシャルに通達しました。
上司にMBAに行きたいことをオープンにしてから半年、各方面に根回しを開始して3週間、どこかずっと隠し事をしている、そんな後ろめたい気持ちを抱えていたため、オープンにした今凄く清々しい気分です。

結局、会社には「1年間の休職」を申請しました。

理由は主にふたつ:
・ポストMBAの就職への保険
・スイス労働ビザ枠の保守

会社へのメリットは:
・知識&技術の維持
・短期的なコストセービング
・ポストMBAの雇用はフレキシブル(必要に応じて解雇可能)

僕の提案に対する部署の上司らは、IMDのアルムナイである大ボスも含め、全員ポジティブでした。人事としても、特に問題はないとのこと。

ただし、依然としてNon-EUである僕が1年間休職して労働ビザ枠をキープし続けることが可能かは移民局に聞かないと不明。最終的に、移民局がダメ!と言ったからみたいなテクニカルな理由で、休職せずにそのまま退職することも、可能性としてはまだありそうです。

そんなこともありながら、先日、ロンドンキャリアフォーラムに行って、新卒に混じり、10数社しか参加していない企業を見て、今の会社に戻らないのであれば、次は場所よりも業種・職種を優先すべきか、と思ったりもしました。今決めることではないので、今は視野を広く、地道に手持ちのカードを増やしていこうと思います。

 - MBA受験, 海外転職, スイスの日常

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
海外転職 ドイツでの休暇の取り方

2週間休暇を取っていた。 一応暗黙のルールとして、試用期間である最初の6ヶ月は長 …

海外転職のすゝめ2/2

前回の記事で、実体験に基づいた海外転職を良さを書いた。完全なポジショントークであ …

no image
海外転職に必要な英語力1/2 (仕事編)

グローバル人材と言う言葉をメディアで見かけるようになったと同時に、英語を社内公用 …

no image
初めての部下 最初の100日の所感

5月からひとり部下を持つことになったのは、かなり前のエントリーで書いた。 あれか …

行ってよかったヨーロッパの旅ランキング2014

これまでこのブログでは、敢えて「ヨーロッパの楽しい部分」には触れないようにしてき …

上司より先に退社できないのはドイツ人もまた然り

ホワイトカラーエグゼンプションの関係か、日本人の「上司より先に帰られない」症候群 …

スイス情報.comのすゝめ

イギリス:6.5万人ドイツ: 3.8万人フランス:3.4万人スイス: 0.9万人 …

Schufaの取得

需要の高い、ドイツのクレジットリポートであるSchufaの取得方法について。 ド …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(3)

以前のエントリーで書いたスイスのビザをどうするかの続き。 僕の持っているスイス滞 …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(1)

ポストMBAもスイスに残る場合を想定して、労働Bを保持する方法を相変わらず模索し …