海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(2)

      2014/09/25

2015年からMBAに行くことついて社内でオフィシャルに通達しました。
上司にMBAに行きたいことをオープンにしてから半年、各方面に根回しを開始して3週間、どこかずっと隠し事をしている、そんな後ろめたい気持ちを抱えていたため、オープンにした今凄く清々しい気分です。

結局、会社には「1年間の休職」を申請しました。

理由は主にふたつ:
・ポストMBAの就職への保険
・スイス労働ビザ枠の保守

会社へのメリットは:
・知識&技術の維持
・短期的なコストセービング
・ポストMBAの雇用はフレキシブル(必要に応じて解雇可能)

僕の提案に対する部署の上司らは、IMDのアルムナイである大ボスも含め、全員ポジティブでした。人事としても、特に問題はないとのこと。

ただし、依然としてNon-EUである僕が1年間休職して労働ビザ枠をキープし続けることが可能かは移民局に聞かないと不明。最終的に、移民局がダメ!と言ったからみたいなテクニカルな理由で、休職せずにそのまま退職することも、可能性としてはまだありそうです。

そんなこともありながら、先日、ロンドンキャリアフォーラムに行って、新卒に混じり、10数社しか参加していない企業を見て、今の会社に戻らないのであれば、次は場所よりも業種・職種を優先すべきか、と思ったりもしました。今決めることではないので、今は視野を広く、地道に手持ちのカードを増やしていこうと思います。

 - MBA受験, 海外転職, スイスの日常

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

プル型ドイツの働き方

前回のエントリーで、職場でダイバーシティを推進するためには、「違うことを認識」す …

海外就職が楽なとき

僕の同僚のドイツ人の彼女は、いつも物凄く細かいことで気分を害している。  「ダイ …

スイスで退職する者の定め

スイス・ドイツでは、誕生日の人が自分で誕生日ケーキを焼いてもってくる習慣があるの …

no image
海外転職からのスイス転籍

この1ヶ月バタバタしていた理由のひとつに、スイス本社への転勤がオファーされたこと …

スイスのアウトレット(Mammut/Zimmerli/Odlo)

アメリカ・ドイツに住んでいた時も、住んでる以上なるべく地のものを買いたいと思って …

no image
なぜ辞めた

ちょうど2011年の夏頃、「退職しました。」ブログをまとめたサイトを読んで目から …

no image
海外転職に必要な英語力2/2(インタビュー編)

自分の仕事を簡潔に第三者に伝えることは難しい。日本語でももちろんだが、英語でもそ …

no image
初回GMAT受験

第一回のGMATを受験してきた。さすがにこれ以上GMATの準備をするのが嫌だった …

IMD合格(3) 推薦状と危機

推薦状については、出願の3ヶ月ほどの2013年10月末から依頼を始めた。ちょうど …

no image
海外転職 引っ越しの覚え書き

自分の頭を整理するために、ドイツから転出してスイスへ転入するためのTo-Doリス …