海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職におけるLinkedinとXingのすすめ

      2014/09/17

海外転職において、アクティブにネットでリサーチしたり、現地に足を運んだりするのも大切だが、パッシブにリクルーターから連絡を待つのもありだと思う。むしろ、転職を考えていない人こそパッシブに市場のニーズを把握出来る人材系SNSを利用すべき。

僕が現在のポジションを見つけたのは、Linkedinのおかげである。現在のオファーがくる前も、ちょくちょくリクルーターが営業してくれて、今どんなスキルを持っている人が求められているのか把握するのに役立ち、それがまた仕事へのモチベーションへと繋がった。

昔から、僕が目指すは会社の名前がなくてもやっていける人材だ。手に職がなければ、それは成し得ないし、何が求められているか分からなければ手に何を付ければ良いのか分からない。もちろん、何事も一生懸命やることは大事なのだが。

で、とりあえず日本から海外転職、海外横滑り転職をお考えの人はLinkedinに登録しておいて損はないと思う。使い方は適当に検索すれば良く出来たサイトが見つかるのでそちらを参照。

で、本日、先日のエントリーにコメントをもらったのだが、ドイツではXingが圧倒的にメジャーとのことだ。偶然にも数日前に同僚に進められて登録したのだが、US系のLinkedinとドイツ系のXingでユーザーが全く違うことに驚いた。Linkedinに同僚は数人しかいないが、Xingには身近な同僚に8−9割登録されている。

Xingはまたドイツのみならず、トルコでも強いとのこと。
http://nobumasakikuchi.blogspot.de/2011/07/linkedinsnsxing.html

広義で海外転職といっても、世の中は広いので求職したい土地に応じてSNSも使い分ける必要があるのだなと。

 - 海外転職

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
メイドインジャパンとパリ出張

日本のテレビを見るためにWavecastを年末年始にかけて導入した。4万円の投資 …

海外転職のすゝめ2/2

前回の記事で、実体験に基づいた海外転職を良さを書いた。完全なポジショントークであ …

海外転職からの転勤 スイスと家とSchufaとアメックス

自分のプロジェクトよりも何よりも1月から引っ越すスイスの家探しがプレッシャーであ …

no image
一時帰国と生まれ育った国の素晴らしさ

3週間休みを取って、日本に帰っていた。UAEを経由し、実家には立寄もせず、東京・ …

ドイツ人に日本人との接し方を教える?(1)

IMDのエッセイのネタでもあったが、僕の最近のスタンスはこう。 僕がドイツ&スイ …

INSEADとIMDどちらを選ぶか2

  「人の話は最後まで聞け」というマナーは、世界の非常識だった http://g …

no image
ヨーロッパの日本、アジアのドイツ

海外転職の成功の理由のひとつに、その人の現地の文化への適応性、文化の違いに対する …

スイス永住権をとる

スイス滞在丸5年経過しました。 スイス5年というと永住権が取れる取れないの噂を耳 …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(1)

ポストMBAもスイスに残る場合を想定して、労働Bを保持する方法を相変わらず模索し …

プル型ドイツの働き方

前回のエントリーで、職場でダイバーシティを推進するためには、「違うことを認識」す …