海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

ポストMBA

   

想像していたライフがそこにあるかと言うと、正直わかりません。
IMDで頻出した単語を使えば、It depends (ケースバイケース)でござる。

僕の場合は、想像とはかなり違う。
就活に関しても、最終的に切った進路についても、最もコンサバティブなアプローチを取った方だが、それでも見える世界が違う。
ただし、自分の強み、自分の弱さは、何も変わらない。

社会復帰してしばらく経ち、全く違う仕事をするようになったけれど、輝くところもつまづくところはMBA前と全く一緒。
ただし、それに対する見方・対処の仕方は少し変わった。少し。

ひとつ確実に変わったことと言えば、ブログを書く気が全く起きなくなったこと。
IMDの3人いた同級生のひとりに言われた「きっと何か闇のある」このブログ、書いている人の闇がなくなったのか、何か吹っ切れたのか、平和ぼけしているからか。

 

IMDを終えて、一度は元いた町に戻りましたが、他の町に引っ越しました。
同じドイツ語圏なので、ブラジルからローザンヌを経てリヒテンシュタインに引っ越した人とか、日本からアメリカに移った人とか、高給取りからコンサルになったりした人とかと比べると全く変わり映えのないポストMBAの生活ですが、それなりにワクワクしながらGMATも、グループワークも、ケースを読むこともない平穏な日々を送ってます。

ポストMBA、想像していたライフがそこにあるかと言うと、正直のところわかりませんが、
MBA終わった後の平穏な生活にも飽きがくるもので、また自分でなんやらプロジェクトを立ち上げているところです。
そう、輝くところもつまづくところも、好きなことも嫌いなことも、MBA前と一緒。

 

写真は、会社のBBQで行った穏やかな湖。スイスの夏も終わります。

media-20160916

 - MBA, 海外転職, 日記, スイスの日常

Comment

  1. あぽ より:

    お久しぶりです。
    文章から、以前よりも肩の力が抜けたというか、穏やかになられた雰囲気が感じられます。
    これから時間が経過して、MBAに行って良かった、と感じられるといいですね。
    前の闇のある感じのblogも、海外移住を考える際に、楽しいことばかりではないことを再認識できて、個人的には、一番役立つblogでしたよ^^;

    最近、オランダでMBAを取得された方々とイベントの企画を行っていますが、Ph.DよりMBAで、チームで仕事をすることを学べば良かったかな、と感じています。

  2. MT より:

    あぽさん、

    ご無沙汰しております!オランダはいかがですか?
    お返事が遅くなりまし、かたじけなくございます。Ph.D vs. MBAってそういえば面白いトピックですね…Ph.DよりMBAを選んだものとして何を後悔しているか今度書いてみましょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
駐在妻とダイバーシティマネジメント

最近ルンバを飼いだした。 半年前から飼うと嫁に約束していたのだが、ついに来た。な …

no image
海外転職の日常(スイスでの話)

2週間ちょいの休暇を取っていた。地の利を活かしてがっつり旅行出来たのは初めてだ。 …

INSEADとIMDどちらを選ぶか2

  「人の話は最後まで聞け」というマナーは、世界の非常識だった http://g …

no image
海外転職に必要な英語力2/2(インタビュー編)

自分の仕事を簡潔に第三者に伝えることは難しい。日本語でももちろんだが、英語でもそ …

海外転職組が集まる世界の最高峰(A)

1か月が経ちました。 予想していたよりもしんどくて、予想してたよりもしんどくない …

スイス家探し103

ついに家が決まりました。ローザンヌの家はIMDのサイトでワンクリックで決めたもの …

MBA前最終出社と欧州新生活いつから始めるのがベスト?

スイスで支給される謎の13月の給料もきっちりと貰い、ボーナスの面接も終え、無事に …

一時帰国で買う物(2)

海外生活8年目が想う日本で買いたいものシリーズですが、以前帰ったときに買って満足 …

上司より先に退社できないのはドイツ人もまた然り

ホワイトカラーエグゼンプションの関係か、日本人の「上司より先に帰られない」症候群 …

労働時間と時給の比較 日本&ドイツ&スイス(僕の場合)

ヨーロッパも本格的にホリデーインした感じです。 ドイツ・スイスは、1月~4月中旬 …