海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

GMAT 独学のすゝめ

      2014/09/14

前回書いたディブリーフの内容(こちらや、こちら)をふまえ、僕が1年前にさかのぼってもう一度GMATの勉強をゼロから始めなければいけない場合のために、独学で、最短で、かつ一回目の受験で700(Q49, V35)まで到達するための方法を書くために、自分のこれまでの愚行を反省しようと思う。当時の僕が700まで到達する方法であり、また、反省点をもとに作り上げた方法なので、飽くまで実現可能「かもしれない」プランである。

細かい各セクションの対策については、多くのブログで解説してあるので、独学特有のおおまかな流れのみ。

写真はGMAT本番受けた後に取った自分の勉強机です
IMDからもらったメモ帳に暗記すべきことを書いて壁に貼ってました
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 
当時 の 僕
  • USの大学卒ではあるが、留学生の中では英語力は低い
    • TOEFLは免除の場合が多いため、勉強していない。
    • そして、大学入学時に十分に苦しんだので、もうやりたくない。
  • 入社時(4-5年前?)のTOEIC920点ぐらい。
  • 日常的に英語を使う環境にある
  • 高校から理系であり、相変わらず日常的に統計や算数も使う
  • しかし、テストとか勉強とかは全く苦手である

 

 
基本 の き
  • 期限と覚悟を決める
  • Qを過小評価しない
  • 緊張と自信との戦いとなる覚悟を

 

 
最初にすること
  • 向こう6ヶ月楽しいこと、及び、大きな行事がないことを確認する
    •  ヨーロッパの場合、スタートは冬が始まる10月頃がベスト
    • ヨーロッパの短い夏をGMATのために犠牲にすることは最も愚かである
      • スキーが趣味な場合は別。
  • Mba.comに行き、6ヵ月後とかに試験を予約をする
    • (もしくは自分の中で締め切りを決める)
  • 参考書を買う
    •  Official Guide (OG)
    • マスアカ
    • Manhattan GMAT Sentence Correction (MGMAT)
    • Critical Reasoning Bible (CR Bible)
    • マンハッタンから発売されている本番で提供されるようなラミネートされたスクラッチペーパー (ラミネート)
  • パソコンにGMAT Prep (Prep)をインストール

 

 
すべきこと
 
5ヶ月前:
OGのプレイスメントテストをとりあえずやってみて、テスト概要をつかむ。

3−5ヶ月前:
以下の項目1−3を毎日セクションを変えてとりあえずやる。ひとつのセクションだけにフォーカスすると

1. MGMATSCを1ページ目から細かく読んで、章ごとの演習をこなす。覚えなければいけないところは、ポストイットか適当な紙に書いて、勉強部屋の壁に貼る。イディオムはやらない。MGMAT SCが終わったら、OG SCを全問題じっくりこなす。自分の好みのエラーログ(必須:なぜ不正解を選んだか、なぜ正解を省いたか)をつける。
 
2. CR Bibleを流し読んで、OG CRを全問題こなす。Bibleで紹介されるツールは本番で使わないかもしれないが、気休め程度に。OG RCを最初の1/3くらいやる。1週間に一度以上、OG SCの2周目を5問ずつやる(2ヶ月目でOG SC2週目終了、エラーログは相変わらずつける)
 
3. マスアカをこなす。マスアカに書いてあるガイダンス通りOGも活用すればOG Qは一通りこなせる。ただし、マスアカを見てまあ余裕だろうと思っても、楽観視はしない。エッセイはGMAT ClubChineseburnedのテンプレ通りに1回は時間を計って書く。AWA, IRも含めて第1回目のGMATPrepを受ける。ラミネートされたスクラッチペーパーを使い慣れる。以降、MATH等はラミネート上で計算して、ラミネートに慣れる。MGMAT SCの「オプション」と呼ばれる最後の3章を再度細かくこなして、覚える。


3ヶ月前:
モチベーションが低下してくる頃なので、息抜きがてらキャンパスビジットに行く。
Prepやってみる。
 
2ヶ月前:
第1回目のPrepの結果からタイミングの大切さに気付いているはずなので、以降のOGはタイマーを活用して、Qは1問1.5分を目安にタイムプレッシャーをかけて、Vもきちんと時間を決めて最後の50問を中心にOGのもう一周させる。各セクション1日5問ずつ時間に縛られながら解き、「なぜ正解を省いたか」「なぜ不正解を選んだか」を追求する。覚えるべきことはポストイットに書いて壁に貼る。弱点は、各参考書に戻って確認する。必要に応じてMGMATのオンライン模試で時間間隔を確認しても良いが、スコアに一喜一憂しない。第2回GMATPrep(フルコース)を受ける。
 
1ヶ月前:
簡単な問題を中心にこなす、問題のパターンが分かるようにする。Qについては、簡単な問題を解いて自信をつけ、解けない問題は出ないと言い聞かせる。MGMAT SCのイディオムを申し訳程度に暗記しようとする。AWAは一週間に一回は書いて、テンプレを暗記する。第3回のGMATPrepを本番の2週間前に受ける。このテストのスコアで、650点に満たない場合は、延期する。間違っても、1週間以内にキャンセルして無駄な出費を重ねない。
 
当日:
朝起きて、簡単な問題をこなす。MATHはあえてやったことのない問題をやり、緊張の度合いを把握する。試験が始まったら、なるようにしかならないので諦める。ただし、休憩中にバナナは食べる。
 

それでも苦労すべきあろう点&その他

SC
  • 自分がこれまで慣れ親しんでいた英語は偏っていたこと。(E.g.: in contrast totowithと置き換えられなんて知るんかった・・・)
  • MGMAT SCに書いてある英文法にも例外があり、結局はセンスで説くしかないのではないか?ということ。(;以降は、主語・動詞の入った分しか入らない等)
  • SCとは漢字の書き取りのようなものであること。(考えすぎるとドンドン分からなくなる)
 
その他
  • 中国問題とか別の教材も気になってくるだろうが、ぐっとこらえて、基本となるOGに最後までスティックする。
  • 600点代までの知識は独学で十分だろうし、600点中盤から700+ Clubまでは結局演習でなんとかするしかないと思う → 「GMATは予備校を使うべき」的な世論 & 予備校のマーケティングには冷静に対応する。
  • 勉強させてくれる家族に感謝して、感謝を言葉で示す。
 
費 用
 
実際にかかった費用

マスアカ:    21000
OG13:           27.55EUR
MGMAT SC :    18.70EUR
MGMAT CR :    19.10EUR
MGMAT RC :    18.70EUR
CR Bibel :      25.20EUR
MGMAT スクラッチペーパー : 16.99EUR
GMAT1:         250USD (1週間以内のキャンセルのため返金されず)
GMAT2:         300USD (1回予約変更)
 
21000 + 126.24EUR + 550USD = だいたい91884
 

これで十分であろう費用

マスアカ:      21000
OG13:           27.55EUR
MGMAT SC :    18.70EUR
CR Bibel :      25.20EUR
MGMAT スクラッチペーパー : 16.99EUR
GMAT1:         250USD
 
21000 + 71.75EUR + 250USD = だいたい55211

 - MBA受験, GMAT, IMD受験, INSEAD受験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
メイドインジャパンとパリ出張

日本のテレビを見るためにWavecastを年末年始にかけて導入した。4万円の投資 …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(2)

2015年からMBAに行くことついて社内でオフィシャルに通達しました。 上司にM …

INSEADとIMDどちらを選ぶか2

  「人の話は最後まで聞け」というマナーは、世界の非常識だった http://g …

no image
GMAT BibleからOG(CR)へと進む

いったい何ヶ月かかったかは考えたくないが、今日やっとGMAT Critical …

IMD合格(1)

一昨日アドミッションオフィスから電話があり、MBA Class of 2015へ …

no image
INSEADのインフォメーションセッションに参加

先月28歳になった。 月並みだが、30歳に近づくに連れて根拠のない焦りが増える。 …

海外転職&MBA これからのこととスイスの就労ビザ

2015年からのMBA計画に目処がついてから、逆に悩みが増えた気がする。 201 …

no image
GMAT 勉強の始め方?

海外転職の話はちょっとだけ置いておいて、今やっているGMATについて。 海外転職 …

ドイツ人に日本人との接し方を教える?(1)

IMDのエッセイのネタでもあったが、僕の最近のスタンスはこう。 僕がドイツ&スイ …

no image
GMAT いつでもやめられる誘惑

GMAT を受けた先人たちのブログで良く「いつでもやめられる誘惑」と言うのを良く …