海外転職のその後、MBA@IMDのその後

テキサス x 日本 x ドイツ x スイス x IMD MBA → スイス

*

海外転職 果たしてこの転職は成功だったのか

      2014/09/17

なんてタイトルに反して、今回の前職と現職を比較して議論をする気はない。一番最初の方のエントリーにも書いてある。転職を決める前、自身も多いに悩んだ。
あの時、真剣にどっぷり浸かって悩み抜いて良かったと今でも思う。

今思えば、あの時悩んでいたのも可愛いものだ。
今改めて思うが、肝心なのは転職先で成功できるかどうかではなく、成功させられる力がどうかだ。これは、日本国内の転職であろうが、海外であろうが関係ないと思っている。環境に頼ってしまった場合、転職が「失敗」する可能性が高くなると思う。

この「成功させられる」かどうかは解釈が難しいが、平たく言えば、本人次第に力があるならば、成功できない可能性の高い転職先でも成功できるのではないかと思う。そもそも、それがステップアップすることだろうと思う。

自分自身は、この転職は良い決断だったと思っている。
ただし、成功かはまだ分からない。

ただし、客観的に見ると、今のこの状況で「良い決断」だと思えている自分が、完全にお花畑になっているとも感じている。

会社のシステムも、人の質も、学べる機会も、全てにおいて前職の方が優れている。20代はいかに多くのことをインプットするかだと思っているので、そういう点では、この転職は圧倒的に失敗だったに違いない。プロジェクトに問題が生じて、上司が首になって、部門のトップも首になりかけている臭いがする。

まあ、自分でもよくこんな状況で、楽しく仕事をしているなと思う。決して楽観的なタイプでもないし、何をしてても楽しいという訳ではない。でも、なぜか楽しいこの状況は自分でも不思議なものだ。

要するに本人の気の持ちようであろう。

楽しめるか、成功できるか、誰に聞いても当てにならない答えしか出せないならば、結局全ては自分で責任をとって、自分でどうにかするしかないのだろうと思う。

若くして転職で悩んでいる人が、少しでもチャレンジングな道を選んでくれればと思う。

 - 海外転職

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
海外転職に必要な英語力1/2 (仕事編)

グローバル人材と言う言葉をメディアで見かけるようになったと同時に、英語を社内公用 …

海外転職&MBA スイスビザ防衛戦(3)

以前のエントリーで書いたスイスのビザをどうするかの続き。 僕の持っているスイス滞 …

スイスで退職する者の定め

スイス・ドイツでは、誕生日の人が自分で誕生日ケーキを焼いてもってくる習慣があるの …

プル型ドイツの働き方

前回のエントリーで、職場でダイバーシティを推進するためには、「違うことを認識」す …

no image
海外転職からのスイス転籍

この1ヶ月バタバタしていた理由のひとつに、スイス本社への転勤がオファーされたこと …

no image
海外転職の日常(スイスでの話)

2週間ちょいの休暇を取っていた。地の利を活かしてがっつり旅行出来たのは初めてだ。 …

no image
ヨーロッパの日本、アジアのドイツ

海外転職の成功の理由のひとつに、その人の現地の文化への適応性、文化の違いに対する …

海外転職のすゝめ2/2

前回の記事で、実体験に基づいた海外転職を良さを書いた。完全なポジショントークであ …

行ってよかったヨーロッパの旅ランキング2014

これまでこのブログでは、敢えて「ヨーロッパの楽しい部分」には触れないようにしてき …

ドイツ人に日本人との接し方を教える?(1)

IMDのエッセイのネタでもあったが、僕の最近のスタンスはこう。 僕がドイツ&スイ …